バイク保険

トップ > 各種保険 > バイク保険

自動車損害賠償責任保険(法律で契約が義務付けられている保険)

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、法律ですべての車両に加入が義務付けられている保険です。
ご自分が原付・バイクの運行によって、他人を死傷させた場合(人身事故)のみに、対人賠償を補償します。以下の場合は、自賠責保険では補償されません。

  • 対人賠償責任が自賠責保険で補償できる範囲を超えてしまった。
  • 他人の物に損害を与えてしまった。(相手のクルマやガードレールなど)
  • 運転者本人がケガをしてしまった。
  • 自分のバイクが壊れてしまった。

任意保険 (自賠責では補えない部分を補償する保険)

バイクの所有者には、自賠責保険への加入が法律で義務付けられています。
しかし事故を起こしてしまった際、自賠責保険は他人の身体的被害に対しての補償のみ(1人あたり死亡:最高3,000万円、後遺障害:最高4,000万円、傷害:最高120万円までを限度)となっており、車やガードレールなどの「モノ」の損害に対する賠償や、自分の車やケガについての補償などは受けることができません。
万が一のとき、自賠責保険で補償されない部分をしっかりカバーする保険がバイク保険(任意保険)です。

お問合せ先

  • 保険選びのご相談やご不明な点など、専門スタッフがお応え致します。
    お気軽にご相談ください。